山都会は、武蔵野市吉祥寺の成蹊大学近くの書道教室です。 中村雪柳 主宰。 俳句、かな、漢字など、自分の文字を。  

ヘダー1


クチャのバザール

[ 閉じる ]

書道展

 

創立30周年「第15回 山都会書展」2013年6月に銀座・東京鳩居堂4階画廊にて開催

6月25日(火)から6日間 行いました

創立三十周年「第15回山都会書展」も お蔭様で主宰、会員の日ごろの精進による力作の展示で、成功裏に終わりました。
主宰の制作した「小倉百人一首かるた」も、ご縁があって美智子皇后様、瀬戸内寂聴様にも届けられることになり、又、震災復興支援として、文部科学省を通じて、県立安積黎明高等学校(競技百人一首かるた部、書道部の福島県の拠点校で、ここから福島県内の高等学校へ配布されました)へ、届けられました。
今後とも、書道を通じて豊かな心の表現に精進してまいりたいと存じますので、ご支援よろしくお願い申し上げます。
小倉百人一首「夢のうきはし」
   山都会 中村雪柳

受付の様子

写真1

良寛「嚢中三升米」・主宰作品

写真2

百人一種より五首・主宰作品

写真3

バラの画と俳句・主宰作品

写真4

生徒作品

写真5

生徒作品

写真6

生徒作品

写真7

生徒作品

写真8

山都会・打ち上げパーティ

写真9


 
 
 
 
 


 
 

2011年5月に銀座大黒屋ギャラリーで行われた山都会書展

 
 
 
 
2011年5月に銀座大黒屋ギャラリーで行われた山都会書展です。主宰・中村雪柳はシルクロードの風景を描きました。その上に、シルクロードにまつわる漢詩を揮毫しています。今回は中国書法研究院から、16名の書道家の1団が鑑賞に来られましたので、一緒に「日中友好の揮毫会」をして、有意義な書展となりました。一般会員は、かなの古典を基にした屏風や、古典に立脚する現代書道など多彩な作品を出品しました。学童作品は12人で書き上げました。この隷書は、半年から1年かけて学んだものを、大筆で元気に書きました。山都会は大字かな、小字かな、漢字、漢字かな混じり文など、古典に立脚し、それを発展させ、最終的に個性を尊重した、自分の文字が書けるようになることを目指しています。

主宰と作品

写真1

中国人書家

写真2

中国人書家

写真3

ギャラリー

写真4

ギャラリー

写真5

生徒かな屏風作品

写真6

生徒漢字作品

写真7

学童部作品

写真8

日中友好揮毫会

写真9

生徒漢字作品

写真10

生徒かな作品

写真11

懇親会

写真12



 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
Home
Copyright © yamatokai, All Rights Reserved.